思い立って友達に熊本ラーメンをふるまってみた日曜日の午後・・
f0372344_21055612.jpg
シンガポール人の友達にふるまいたくて相方に作ってもらった!
そして友達がお礼に持ってきて来てくれたのはこちら↓

f0372344_21060588.jpg
見ただけですぐわかる方いますか?
ちょっと風の谷のナウシカのオームに似てる(笑)??

では正解~
「ドリアン106.png106.png
旬が何回かあるらしく、今回のはいまいち・・といいつつ持ってきてくれた。(実は以前からドリアンパーティーしようといっていたのだけど・・)
相方は見ただけで苦笑い・・私はハッピー!

感想は・・カスタードクリームにそっくり。匂いは確かにきつくて家の中がすぐドリアン臭くなり想像以上に臭い・・。

罰金の国「シンガポール」でドリアンに関する法律
その① 公共機関やホテルへのドリアンの持ち込み禁止(しかし罰金は不明)

それほど臭いってこと(笑)

一人一個買ってきてくれたのに、相方は拒絶。私は美味しく頂いた。

その後、バスで移動しながら以前から興味があった
戦争関連施設の一つ 「The former ford factry(旧フォード工場)」へ行ってきた。
この後合流する友達がここで、ボランティアツアーガイドをする予定で今回は勉強も兼ねて誘ってくれたのだ。

f0372344_21100254.jpg
この施設の別名はSurviving the Japanese Occupatio War and It's Legacies. 意味は、日本の占領を生き抜いて・戦争とその遺産。

f0372344_21090294.jpg

以前なら行くのすら臆してしまうところだったけど、以前シンガポール国立博物館で日本軍の占領の展示を沢山見て勉強したので
今回はシンガポール人の友人も一緒ということで、寧ろもっと知りたくなったのです。

そして、今回参加したツアー。20人ぐらいはいたかな。↓

f0372344_21111103.jpg

この施設の場所は、日本軍が太平洋戦争時にイギリスからシンガポールを奪還し、占領した場所 
この付近は、戦争当時もっとも激しい 銃撃戦があった地域だそう。

日本はなぜマレーシアとシンガポールを侵略したのか。 20世紀の変わり目に、日本は台湾や朝鮮半島を征服することで勢力を伸ばした。1930年には中国を侵略し、そこに足場を作った。日本の次の標的は東南アジアだった。

1941年に、アメリカ、イギリス、オランダは日本の伸張の意志を削ぐことを期待し、経済制裁を行った。しかし日本はむしろ、東南アジア進出の計画を推し進めた。日本は戦争や国内経済に必要な石油、ゴムなどを供給するために、大東亜共栄圏の構築を始めた。

当時難攻不落と謳われたシンガポール要塞を日本が10日足らずで攻略した結果、英国が率いる軍としては歴史上最大規模の将兵が降参した。
日の出を表す旗はユニオンジャックにとって代わり、生徒は英語の代わりに日本語を学んだ。通貨はイギリスドルに代わり、バナナノートとして知られる日本通貨が使用された。

昭南島での生活は、不安に包まれていた。シンガポールを占領したすぐ後、日本はシンガポールに住む中国人を集めSookChingと呼ばれる選別を行った。そこで反日分子とされた男性は処刑された。残忍な方法で拷問される例もあった。

1945年に日本によるシンガポールの占領は終わりを迎える。その年の8月に、連合国の手で広島と長崎に原子爆弾が落とされたことで、日本は連合国に降伏したのだった。戦争の後、民衆の間には日本軍の行った非常に残酷な仕打ちに対する怒りが渦巻いていた。 日本は戦争裁判にかけられ、中国人コミュニティーは日本に賠償を要求した。

1966年、日本政府は5000万ドルを賠償金として支払うことに合意。その一部は、ビーチロードに戦争記念碑を建てることに使われた。
以上のように、シンガポールは日本による占領をネガティブに捉えている。しかし感情的に批判しているわけではない。「かつて起こった史実の一つ」として日本統治時代を捉えている。事実、占領から数十年の時を経た今では、90%以上のシンガポール人が日本に対して好印象を抱いている。

わかりやすく説明抜粋してみました。

↓英国から英国捕虜軍宛の手紙
f0372344_21092814.jpg
↓ここで山下奉文陸軍大将が英国軍に「イエスかノーか」と降伏を迫った部屋
f0372344_21091356.jpg
↓これは展示品

f0372344_21093430.jpg
↓シンガポール全土にある戦争記念の建物リスト
f0372344_21092377.jpg
↓日本軍が作った井戸ポンプ(実際に当時使われていたもの。水も少し出た)

f0372344_21093789.jpg

実は・・
1942年2月15日シンガポールは日本軍によってシンガポールから
「昭南島」と改名された。
南の光という意味で・・。

この施設は一年の改装期間を経て、当時の展示の品々が差し替えられて、映像を多用した内容になり、施設の名前も「昭南ギャラリー」に変更された。
ところが、記念館の新しい名前に「昭南」を使ったことで、運営している政府に国民から大きな反発を呼ぶ。理由は大きく2つ。

  • 「昭南」の名前は日本占領時の痛ましい記憶を呼び起こす
  • 「昭南」の名前を使うことで、日本占領時を肯定する印象を与えるのではないか

名前が変更され、「昭南ギャラリー: 戦争とその遺産」 になると一般に知られたのが、2月9日の報道。抗議を受け、名前の撤回を政府は2月17日に決めた。
日本の占領を生き抜いて:戦争とその遺産」になった。一週間でのスピードすぎる決定。
このニュースは日本でどれだけ報道されたのか気になる。

シンガポール人は歴史をちゃんと見ている。

シンガポールは日本による占領をネガティブに捉えている。しかし感情的に批判しているわけではない。「かつて起こった史実の一つ」として日本統治時代を捉えている。事実、占領から数十年の時を経た今では、多くのシンガポール人が日本に対して好感度が高い。

「forgive but never forget」 許す、でも決して忘れない。

率直で心に響いたこの言葉・・

是非シンガポールに訪れたら一度行ってみて欲しい場所の一つになりました。

そしてこの後、すぐそばにある2011年まで使われていたマレー鉄道跡地を散策。

f0372344_21105165.jpg

観光用に残されているとのことで、過去にシンガポールのタンジョンパガー(街中)~ウッドランド(西の方)までのシンガポール国内線だったそうな。

f0372344_21104395.jpg

シンガポールあるあるの一つ。どこでも結婚式用の写真撮ってる。しかもこんなとこでもインド人カップルが・・

f0372344_21103180.jpg

そして相方とも・・

f0372344_21142058.jpg
そしてそして今回誘ってくれた友人とも・・

f0372344_21142790.jpg
下から見るとこんな感じ

f0372344_21103578.jpg

歴史が元々大好きでボランティアガイドをしているCさんは、本当に物知り。今日も沢山教えてくれてシンガポールにますます詳しくなった私。

頭使い過ぎてお腹が空いた相方と私はインド人をみたからか、南インド料理を堪能すべく近所のインド料理屋「Plata planet」へ。

なぜ南インドか・・そもそも南インド料理とは?

1.主食は米
2.調理時間が短い
3.菜食中心
4.ビーフやポークなども
5.ココナッツオイルを使用
6.カレーリーフやタマリンドを使用

つまりさっぱりしたカレー。
逆に北インドは濃厚カレー。

なぜこんな違うかというと、

北インド→寒い=こってりカレーが主流。 
南インド→暑い=さっぱりカレー。胃もたれしない。

なのかなと・・。
詳しくはこちら http://srdk.rakuten.jp/entry/2016/03/08/110000

で、私の頼んだ南インドミールス(定食)
f0372344_21143267.jpg
小麦粉を使用してないのでさらさら&スパイスがきいたさっぱりカレー。
米も絶妙にうまい!(上にのってるのはパパドという豆の煎餅みたいなやつ。これもうまい!)
右上はチキン&カレー。これもうまいが辛い・・。
野菜にもカレー味。でも激ウマ・・。
これでなんと約600円!

ちなみに東京の南インドカレー有名店でどうしても食べたくて頼んだやつは約2000円したなあ、馬鹿らしくなっちゃった(笑)

ってことで南インドごり押し!

以上長くなりましたが読んでいただきありがとうございました。

















[PR]
# by attyann0505 | 2017-06-14 19:40 | お出かけ | Comments(1)

私が働いている韓国料理屋がオープンしたのが昨年12月。
そして開店当初から店の盛り上げ役、ボス申的な存在の何でもこなす、出来るシェフ、
マレーシア人の「ジョン」がついにお店を去る日がやってきた。

最初は英語も全然話さず、大人しい、従順な子だと思っていたけど
慣れてきたら全部一通りボスよりボス的な存在になってた彼。
みんなを助けて、Fワードも沢山連発し時にうんざりさせられるジョークも飛ばす彼。
沢山笑って、沢山文句も言って、助けられっぱなしでした。

f0372344_20562304.jpg

彼女とうまくいってない、とか
新しい仕事の探し方とか
お目当ての可愛い子ちゃんに電話番号をゲットしてきてとか(笑)
どうでもいいことも沢山語ってきた。

アジアの男子は本当素直で、優しく、時にうざいけど裏表があまりないので
だまされもした(笑)

何か感謝の意を伝えたくて、事前に他のシェフ二人にメッセージをカードに書いてもらって、
写真を印刷してカードに貼り付けて、日本で買ったお気に入りのお菓子をあげようとサプライズ企画。

仕事終わりのランチで何気なく準備を始める。
そう、彼の誕生日にもふるまったThe日本式カレーを自宅で作成。
そして、ちらしずしの素を使った手巻き寿司!
皆に手伝ってもらって、厚巻き卵はジョンに、キュウリとか切るのは他のシェフに任せ
ダダ^~~~~~~~~~

f0372344_20554043.jpg
・・・いや、これはジョンが寿司~といいながら以前作ってくれた特製自作寿司。

f0372344_20561613.jpg

「おいしい!写真撮んなきゃ、写真!」
と、必要以上に喜んでくれた★

最後に写真撮るよ~といったら恥ずかしがって顔隠す・・。

f0372344_20561280.jpg
そして感謝をちゃんと伝えてハグしてみた。

f0372344_20560749.jpg
ジョン、ありがとう!そしてまた会おう!



[PR]
# by attyann0505 | 2017-06-12 21:01 | 仕事 | Comments(0)

歯医者のお話

最近・・というか2か月前ぐらいから歯医者に通っている私です。
というのも、以前苦労して直してもらった歯がまた痛み出したのです。

だましだまし、仕事中も保冷剤を時々顔に当てて忘れ去ろうとしたけど日頃の行いがやはり悪いのか
そうはうまくいかない(泣)
仕事場で雑談しながらキムチを食べたその時・・・

「きた~~~~~~~~~~!!超絶痛い!」

鳥肌というか、激痛が走って悪寒がする痛みが走った。
私はもうこりゃ駄目だと思い、街中にある日本人の先生がいらっしゃる病院を口コミ頼りに探して予約の電話。

歯は海外だと保険がきかないとネットでも見たのでなるべくなら帰国して直すか・・と思っていたのだけれど
相方の話だと実は日本と同じ価格でokらしい(同僚に確認したとの事)

とりあえず、ローカルの先生だと何を言ってるのか専門用語全くわからんといやなので、
日本人の先生をお願いしてみた。

私    「激痛が走るのでなるべく早く予約をお願いしたいのですが・・」
歯医者さん「お子さんが春休みでこの時期混むんですよ。3週間後になりますがいいですか?」
私    「とりあえずそれで。キャンセル出たら無理やり入れて欲しいです!」
歯医者さん「了解しました」

と、とりあえず歯のあたりの頬を保冷剤で冷やす日々。
実はキャンセル待ちでたという電話を当日の朝もらったのだけど、急すぎたので無理で、予約当日普通に行ってみた。

受付はローカル&日本人7名位。多くないか?
「初めてなのですが●●で予約してます。」
「こちらにご記入ください」
と日本人の方がご対応してくれた。
こちらは歯が痛すぎて何も考えられなかったので日本語対応に感謝!

「●●さん~」とローカルの歯科助手に案内され待っていたのは日本人の男性歯科医。
「状況を教えて下さい。」
「下の奥歯が猛烈に数日前から痛むんですが・・」
と説明してすぐ診察。
「歯が真っ二つに割れてますね。かくかく云々・・・」
とレントゲンもとって詳しく説明して下さった。
シンガポールでの歯医者で期待してなかった分、すんごい丁寧で安心。
でも「真っ二つ・・」
治療も激痛で涙が出て「痛む?」とローカル助手がすんごく心配してくれた。
「痛む、超痛い。」と素直に言うと「この先生なら大丈夫」と激励の言葉。
麻酔&治療で激痛が止まらず、痛み止めを頂いて、事なきを得た。

はっきりいって歯医者は嫌いだけど仕方ない。歯が割れたのだから(笑)

未だに通って先生にも質問しまくっております。
いい先生に巡り合えてよかった。
でも歯医者通いはいつまで続くのやら・・。


[PR]
# by attyann0505 | 2017-06-06 21:36 | 雑談 | Comments(0)

meetupに行ってみた。

今日は日曜日。
特に予定もなかったので、meetupというイベントに行ってみる。

meetupとは、インターネットを通じて、地域の似たような興味を持っている人へ告知を行い
交流するプラットフォーム(イベント)。
日本ももちろん普及してます。(知らんかったけど)

で、昨日に引き続き英語を学習する人を対象にしたイベントで朝の9時開催(涙)
このイベントのいい事は・・

①無料
②多国籍
③英語のレベル様々
④当日キャンセルok
⑤何時に帰ってもok

と気軽に参加ok.

今日集まったのは30名ぐらい。韓国、インド、日本、パキスタン、中国、オーストラリア、ベルギー、台湾、マレーシア等々。

グループ(6名ぐらい)1テーブルでゲームしながら対話。
お互いに自己紹介しつつ色々カジュアルな会話進めていく。

日本人って英語が話せないとか、シャイとか言われるんだけど
今日会った人たちは、すっごく積極的だし質問しまくるしこちらもいい刺激をもらった。
私はあまり気にせず話すタイプなので今日参加してよかった!

インド人が途中から入ってきて、インドの結婚文化について話題がシフト。
未だに親が結婚相手を決めるのが普通らしい。
映画では見たことがあったけど今もあるの?とびっくり。

つまり結婚と恋愛は別。
好きな人がいたとしても、「いい名づけがいる。結婚まで真剣に付き合おう。」と
あっさりというか、いさぎいいようです。
スパッと別れる。らしい。

最近は女性が見合いを断れるようになってきたらしいけど、カースト制、宗教、菜食、占星術による相性も重視されるとのこと。

それだけ親が関わっているので結婚式も盛大でこの間見た結婚式では
(公団の下を借り切って式を行うこともある)
3日間やってた。すごい・・。

他の国の文化を知るということは、シンガポールでは当然です。
宗教によって食べられないものがあるし、生活習慣が違うので。
現在ラマダン(イスラム教徒が日の出から日の入りまで飲食禁止、日の入りあとに可能)中なので夜になると沢山の人が集まってご飯を皆で食べるそう。

f0372344_16255567.jpg
f0372344_16282078.jpg

モスクの中はこんな感じ(写真だと綺麗だけど実際は違う)
f0372344_16291998.jpg
f0372344_16255862.jpg

他の国の文化ばかり教えてもらうけど、日本の事ももう少し教えて行きたいと思いました。








[PR]
# by attyann0505 | 2017-06-04 16:30 | 語学 | Comments(0)

今日も暑い。いつも暑い。
ここにきて、9か月が経過。最近仕事もまったり、新しい出会いも特になく、自分への刺激がほしいなと思っていたところ・・
意外な方からメッセージを頂いた。

それはさかのぼる事8か月前、シンガポールについて、仕事も友達もない状況で何かしたいと焦りまくっていた時、
インターネットで言語交換できる相手を探していました。
言語交換という形式ばった形ではやってないけれど、お互いの言語をカジュアルな会話をしながら学んでいくWINWINな方法。
しかし相手のペースに引き込まれると日本語だけ話すってことになって、自分の英語の勉強にはならないことになるので、無理やりでも英語で話す必要あり。

そんな時、一人の女性とメッセージを少し交換し、当然シンガポール在住でこれから会える!と思っていたのだけど、彼女はその時神戸在住・・チーン
いつか戻ってくるか不明だったのでこれっきりだと思っていた。
そんな彼女から急きょ連絡を頂き、これも何かの縁だからとカフェに行くことになった。

知らない人と会うのって怖くないの?って言われるけど、女性限定にすればシンガポールでは全然問題ない。というかむしろ楽しいことが多い。
パートナーを探す方法はインターネットや、meetupといういうベントや、友人を通じてとか色々あるけど大体話好きな人が多い。
相手の言うことを黙って聞いている人は皆無。
なので今回もすっごく楽しみにしていた。

バスのせいで30分ほどお互いに遅れてしまって(笑) 駅についたとき、彼女から声をかけてきてくれた。
「やっと会えましたね~♪」
「本当ね~」

とお互いに緊張せず割かしラフに話が弾む。彼女の発音がシンガポールっぽくなかったので「あれ?シンガポール人ですか?」
と聞くと
「私はマレーシア、言ってなかった?」
「いつもシンガポール人の英語聞き取るのが難しいけどあなたは聞き取りやすい!」

んな感じで、ついたのはこのカフェ
チャイセンファット・ハードウェア
http://gotrip.jp/2016/11/49329/

f0372344_15190031.jpg
元金具工場を改装し、今のカフェにリフォーム。焙煎工場が近くにあるらしい。
珈琲豆工場から指定して、全て一環で豆の選別のところから焙煎、販売まで行っている
珈琲ブームが始まったのはこの店かららしい~

が、カフェに見えない(笑)

工場の扉を開けると・・


f0372344_15221518.jpg
カフェ登場。心地よい空間で外が暑いからか人がいない。ので中へ。

f0372344_15230577.jpg
なんせローカルしかいなくて、がやがやしているのに嫌な気分が一切しない。

f0372344_15244259.jpg
さて、初めてあった彼女に一緒に注文していただいたのは
ロングブラック。
ただのブラックコーヒー(砂糖、ミルク無)を頼みたかったけど
シンガポールでは結構ロングブラックを見る。

違いは?と思ってググったら・・
イギリス英語で「ブラックコーヒー」らしい。
元々イギリス植民地だったからな当然か。

ところで、神戸へ半年留学していたらしい彼女の発音は今まで出会った日本語勉強者では
一番だったかもしれない。
アクセントが日本人に近くて単語も沢山知ってたし相当勉強したらしい。

今までこれだけ日本語を話せると大抵相手に押されて日本語を話す割合が多くなってしまったことが多かったけど、彼女はなぜか70パーセント位英語を話していた。

私達は日本のいいところ、シンガポールのいいところを話題にしてみる。

日本いいとこ
①清潔
②レストランとか安い
③四季がある

シンガポールいいとこ
①見た目、小さい事気にしない
②人がフレンドリー
③多国籍

いいところ、悪いところはどの国にもあると思うけど、憎めないこの国が私は大好き!
と、沢山話す時間がなく2時間ぐらいで彼女とお別れ~
中華街までバスで一緒に行って
「また会いましょう!」と約束。
新しい刺激をもらって、またエネルギーをもらった幸せな土曜日でした。






[PR]
# by attyann0505 | 2017-06-04 15:45 | 語学 | Comments(0)

久々にゆっくり景色のいいところでゆっくり散歩したいな~って思っていた今日。

寝過ごしたので朝一の用事がちゃらになってしまった日曜日。

どうしようかな~と考えて・・

「そうだ!イーストコーストパークへ行こうか?」と相方といそいそビール&ピクニックシート持参でgo!

イーストコーストパークとは・・

シンガポール東の空港に割と近い景色がカリフォルニアみたいな素敵な公園がある。

バスで家から一時間半!遠っ!

着いたのは3時半過ぎなので暑さまっただ中。

シンガポールの道は防衛の為か一直線に渡れなくなってるので彷徨う・・。

途中学校を見つけたので撮ってみた。

f0372344_18232396.jpg
f0372344_18232801.jpg
今日は日曜なので閉校だけど、中を見てみたい。

因みに制服はこんな感じの学生がウロウロしてます。
f0372344_18361746.jpg
一応規則があるみたいで、基本暑いので短いソックス&スニーカー履いてて、ローファーとか一切なし!

私がよく見るのは上下白!暑い国ならでは(笑)

バッグは基本なんでもokみたいで、日本みたいな体操着の集団をよく見る。

話が逸れましたが、やっとのおもいで、着いたイーストコーストパーク!

f0372344_18390339.jpg
快晴!

f0372344_18405006.jpg
すぐそばが空港があって、タンカー&コンテナ船があるのでこんな沢山の船も見ることが出来る。

f0372344_18425779.jpg
さすがシンガポールはハブ港だけあって、タンカー&コンテナ船が沢山!
昔船舶代理店で勤務していたときにシンガポールにはお世話になったので
感激!

そして、水泳NGなのに泳いでるインド系シンガポーリアン発見。

f0372344_18454423.jpg

BBQも出来ます~

f0372344_18452574.jpg
キャンプサイトもあり(無料だと思う)

f0372344_18485979.jpg
こんなところにもテントが・・(笑)

f0372344_18460596.jpg
本当に思い思いに楽しんでいて自由な公園。

しかもこんなことも出来ちゃう。

f0372344_18461743.jpg
見えますか?ちっちゃく真ん中にいるのはジェットスキー。

料金不明だけど相方がめっちゃテンションあがってた。

海ではなくて小さな池?湖?で電動ワイヤーで引っ張られながらやるらしい。
(私もやってみたかった)

ここでのアクティビティといえばこれ!

f0372344_18521404.jpg

サイクリングも色々あって、上記の4人乗りから

f0372344_18554314.jpg
二人乗り用とかもあれば・・

f0372344_18570435.jpg
ローラーブレードもレンタル可能。

今街中でも結構乗られているのがキックボード。

f0372344_19001638.jpg

日本は駄目だと聞いたけどこっちではがんがん皆乗ってる。

しかも電動だから暑くてへばるシンガポールでは重宝されてるみたい!

レンタルショップを探して炎天下の中を探すも見当たらず・・。

とりあえずピクニックシート敷いてビールだな。

青空がすっごく綺麗で広いのに今、気が付いた。

f0372344_18463476.jpg
近くではシンガポール人の子供たちがキャっきゃしてる。

やっぱ日本と違って子供&老人にきわめて優しいこの国。

子供慣れしている人も多いので見ていて安心☆

f0372344_18445317.jpg
シンガポールは意外にも泳げるビーチが無いので、雰囲気だけでも・・(笑)

お腹が空いたのでカトン地区に移動。

ここは、プラカナン建築&文化で有名な場所。

こういうお店も点在
f0372344_19081645.jpg
f0372344_19083214.jpg

以前から来てみたいとは思っていたけどなんせ遠い!

やっとこさきたのは、ラクサ(詳細→ https://www.travelbook.co.jp/topic/737)

で有名な328カトンラクサへ。


f0372344_19065691.jpg

注文は簡単で小か、大の二種類。

値段は小が約450円、大が約600円。(税金込&冷房あり)

f0372344_19101761.jpg

ちなみにこのレジのおっちゃん、片言日本語をちょこちょこ挟んで
くるので英語なのか日本語なのか戸惑う・・。
ごりごりのタトゥーで強面だけど優しかった。

f0372344_19142298.jpg
これが小。エビと貝入り。麺は食べやすいように切れている。
右はチリペースト。

ココナッツと魚介の汁がいい具合にマッチしてめっちゃうまい!
ここまで来てよかった~♪

そして一緒にフレッシュライムジュースも頼むべし。
これもすっごく美味しかった。

シンガポールは小さいけど色々穴場があるんだなと今回気が付かされた。

もっとローカルになりたい!と思いつつ、今度は戦争ミュージアムへ行ってこようと

思います。









[PR]
# by attyann0505 | 2017-05-30 19:19 | Comments(0)

前々からずっと
「ドリアンパーティー」しようって言ってた友人がいます。
ドリアンのシーズンはちょうど4月前まで・・。

その話を忘れかけた頃・・
「又、インドネシアで収穫来月から始まるって~。なので次回の楽しみにして、今回はプラカナン料理食べ行く?」
とお誘いメールが相方と私に来ました。

プラカナンいうのは、中国大陸からマレーシアや、シンガポールにやってきた中国系移民の子孫のことで、
現地の女性と結婚し、中国やマレーの文化に西洋の文化もミックスした食、生活文化を生み出したとのこと。
基本中国の料理法にスパイスや木の実をココナッツミルク屋、タイ、インドのハーブ&ヨーロッパの調味料をミックスさせた料理らしい。

ふーむふむ。よくわからん(^_^;)

ってことで、以前美食家?の彼が話していた絶賛の飲茶を食べに行くことに。

相方はテンションあがりっぱなしだったくせに、お店のロケーションを私に託しっぱなしで
実際友達とやりとりしていたのは自分のくせに、バス停の降りる場所も調べず、
直前になって、
「どこで降りるの?」と尋ねると
「え・・・」と苦笑い。

自分でやりとりしたくせに、なにをぼけとんじゃい!と腹が立ちまくりの私。
シンガポール人が全く気にしないとはいっても遅刻の連絡はしてくれ!すぐに!というと
ちょうど友人から電話が・・

なんとか会えて少し久々の再会なのでお互い話したいことが盛りだくさん。

f0372344_23331406.jpg
飲茶のお店はローカル感満載な外観、内観。

f0372344_23200182.jpg

紙を渡されそれに記入していくオーダーの仕方。

f0372344_23145623.jpg

この店は香港スタイルで全部手作りでリーズナブルでいつもは朝から行列とのこと。

さ、まずはエビ&ホウレンソウの餃子!
f0372344_23105441.jpg
ぷりぷりで間違いなし!

f0372344_23042991.jpg
これはOさんが喜びそうな感じ。中身はカスタードクリームの饅頭

f0372344_23044106.jpg
キャロットケーキという名のお粥っぽいやつ。体に優しい味。

f0372344_23110077.jpg
これは春巻なんだけど全然日本は味が濃いけど、これは味がちょうどいいかんじ。

f0372344_23110822.jpg
そしてこれエッグタルト!さすがfrom香港だけあって、サクサクでなかのカスタード絶妙~☆

f0372344_23033634.jpg
私が一番気に入ったこのなんてことないミルクティー。
実は画像でもお分かりのように、氷が外から冷やされて、濃厚な味が薄まらないような気配り。
これは日本も是非見習ってほしい。というかシンガポールでこの気配りが初めてだったのでビビった・・。
美味しすぎたこのミルクティー。頼んで本当に良かったと心から思うのでした。
(お店の人も好きらしい・・)

もう少しお腹を空かしていたら、もっと食べられたのにと後悔・・。

なぜかこの食事中、映画の話になり、
「最近何見た?」
「Busan(韓国のゾンビ映画)」
「あれ、超気持ち悪いよね~見ちゃったけど」
「というか、3回も見た(笑)」

といった感じで実はお互いゾンビ映画を結構見ていることに気が付く。
話し始めたら止まらず、
・「ワールドウォーz」
・ウォーキングデッド
・28日後
・28週間後
・黒い家
・トレインスポッティング(Ⅱが今度やるらしい)

等々、ゾンビ以外も含めて映画話に盛り上がる。
自称「映画図書館」らしい(笑)

今度映画鑑賞会&ドリアンパーティーすることになって
相方と彼はさらに「ガンダムプラモ」の店を見つけて盛り上がっていた。
それを遠巻きに見て、「男は少年だな、いつまでも」と思った私でした。

そして街ブラしていたら雑貨屋を発見してメガネやサングラスをかけはじめた友人。
なかなか似合うよ~と言ったら次々に掛け始め、結局これが一番だったらしい。

f0372344_23315102.jpg
ちょっとポーズとってるし(笑)

疲れたので
「そろそろ帰ろうよ~」

と撤退しました。
又ドリアンパーティーが開催されたらご報告します!









[PR]
# by attyann0505 | 2017-05-18 23:39 | 外食 | Comments(0)

ブログ書くのもしんどい最近の気温・・。
暑すぎて家に帰るが苦痛なので図書館でクーラーで冷やされてから、買い物して
夕飯作る今日この頃。そして、早朝に行う水泳がすっごくありがたい。
間違いなく年中夏でさらにだらだら生活になり、豚になっている自分(笑)
周りを気にしないので余計かも・・。

ところで、話変わって
半年以上前から義理母、妹がこっちに来ると計画しており、やっと来てもらえました!
どうなるもんかと思っていたけど
結構楽しんで帰って頂いたようでこちらとしても安心でした。

妹ちゃんが結構計画しっかり立てていて、私が全部アテンドしなくてもどうにかやっていたので
頼もしかったです!

今回の私のお付き合い予定は

初日→ 早朝空港迎え、ツーリストwifiのパスワード、IDゲット、ツーリストパス購入(乗り放題パス)、
   ホテルチェックインのヘルプ、

二日目→ 川沿いのテラス席でスパニッシュ料理堪能、バーでシンガポールスリングを飲む

三日目→ チリクラブ食べる、PSカフェ、マッサージ、ハジレーン&アラブストリート探索、ガーデンバイサンズのライティングショー見る 

といった感じ。

彼女たちが泊まったホテルは私の勤務先のレストランのすぐ横!ってことで、色々便利。
二日目に今から行きます~ってお知らせが来たのですが、家族が来てくれるっていうのは
本当に嬉しかった! この日に限ってお店は激混みで話す時間が少ししかとれなかったけど、
他のスタッフにも紹介してみたり。(彼らは友人と思ってたみたい・・なぜ?)
韓国料理は辛いものだけじゃないっていうのを理解してもらえて一安心でした☆

案外よかったのが、マリーナベイサンズ(植物園)と夜のクルーズと、ナイトサファリだったみたいで。
今の時期、マリーナエリアで見られるレーザーショーが改正の時期でたまたまやってなかったけど、お二人はボートにのって夜景を見に行っていた。
それがなかなかよかったらしい。
その後に、3人で(相方は仕事で不在)川沿いのスパニッシュレストランで
スペイン料理を堪能・・・のはずが、一つ一つの量が超すくなっ!
私は大食感だからビールを多めにのんで満たしたけれど、お二人はまあまあ
だったみたい。(よかった・・)

仕事の後、私も初!の屋上バーに行ってシンガポールっぽい写真を撮りました105.png
音楽がうるさすぎていまいちくつろげなかったのはテンション下がったけど、
一生に一度こういうバーに来れてよかった☆もう来られないだろうな↓
f0372344_21451533.jpg

私はマリーナベイサンズは無料のエリアしかいったことなかったけどそれはそれで楽しめた感満載。
5月の4~6日だけスターウオーズとコラボして照明&音楽がそれ仕様になってた。

f0372344_21400085.jpg
f0372344_21395510.jpg
無料エリアでもお得感満載。だけど、なぜかこのイベントとコラボして
マラソン大会を夜に行っていたので邪魔で仕方なかった(笑)

帰国日のお昼に相方も仕事を抜け出してランチに参加。
定番のチリクラブを手が汚れるからとブツブツいう相方を横目に
使い捨てのポリ手袋を差出してドヤ顔の私128.png
これがないと手がべとべとになるので。
※蟹の写真は最初の頃にアップしたのでよければ見て下さい

このランチの後にアラブストリート&ハジレーンというホットな場所で
お買いもの。
モスクはお昼休憩で閉鎖中だったので、妹ちゃんはアラブっぽ店で
アラブッっぽいものをお土産に購入していた。

中華街に戻って、お疲れの二人はマッサージ。
ここは、烏龍茶とか、いろんなお茶をサービスで出してくれて、マッサージを
うけない私にもくれました!
そして激混みなお店。綺麗で静かでお二人とも
「眠りそうだった」と。お疲れですね。

その後、シンガポーリアンの友達にも来てもらってカフェへ。
このカフェ、PSカフェという超有名、内装素敵すぎ、美味しすぎ、でも高い・・という女性は
大好きなカフェ。
妹ちゃんのリクエストでタンジョンパガー近くのカフェへ。

f0372344_21544958.jpg
ちなみにわたしと友達の後ろに飾ってあるでかい百合は本物!そして香りが超良かった~!
彼女が来てくれて、お母さんも妹ちゃんのテンションもあがったみたいで、色々質問してたし
楽しかったみたい。
やっぱ現地の人と交わると思い出に残ると思うので来てくれて感謝でした!

ってことで、ずっと仕事だった相方はたまたま早く仕事が終わって(夜の8時)
荷物を預かってもらっていたホテルに
「今から行くから!」との連絡。

私と友人は彼にバトンたっちして、空港まで行ってもらった。
ほっと一息して、ご近所の彼女とゆっくりバスで同じ方向へ帰宅~。

初めてシンがポールアテンドしたので疲れがどっと出たけど、なかなか楽しかった。
シンガポールの人はフレンドリー&優しいのでこっちとしても
治安を心配せず観光に行けたのは安心でした。

これからシンガポールに来られる方、ぜひぜひローカルな場所も見てみてね!
それはそれで面白いので(笑)




[PR]
# by attyann0505 | 2017-05-18 22:10 | お出かけ | Comments(0)

タイに行きタイ!

4月月末~5月初めまで三連休のお休みで相方と初タイに行ってきた。
仕事が立て込んでいてここままじゃ死ぬ!ってことで何もしない旅。

プーケットというリゾート地だけど、二人に似つかわしくない場所・・(笑)

でもここから1、5時間位で行けるので本当あっというまだった。マレーシアまでバスで行けるから

タイへもバスで行けてしまうらしい(超時間かかります)

直前まで相方の仕事で行けるかわからず最悪私だけ行く?っていう方法も考えたけど

結局3日目はお昼に戻ってくるので午後から相方は仕事に行くっていうので決定!


5時起き。6時に出発7時に空港着。ジェットスターでウエブチェックイン済みだったので眠いまま機内へ。

プーケット着。この地はマフィアが力を馳せてる?らしくGrabやUberなどのアプリはあんまり効力がないらしい。

これがタクシー↓

f0372344_10224887.jpg

なのでタクシーだと40分ぐらいでホテルまでだったけど、今回はミニバスで。

これは相乗りバンみたいなもので近いホテルからおろしていくスタイル。

f0372344_10240228.jpg
タクシーが片道3000円位なのにたいし、このミニバスは約700円!絶対こっちです。下がミニバスチケット。

f0372344_10235877.jpg
ホテルについて、ロシア人ばかりなのにびっくり。中国人すらいないなんて・・。

今回宿泊はカタビーチとカロンビーチの間のホテルで、空港から直行だと1時間、ミニバスだと約1,5時間以上という感じ。

プーケットのイメージは

f0372344_12053341.jpg
こんなんで、ダイビングとか、やって泳ぐぞ^と考えていたけど、実際は、違った。

これはピピ島という場所で「ザ ビーチ」の撮影場所にもなった超有名な島。

プーケット島からボートで移動しなければならず私たちはそんな観光客だらけの場所には行きたくなく

とりあえず近場で我慢、我慢

夕日を背中に撮ってみた(笑)。

f0372344_10220357.jpg
そして7時位になると一斉にアクティビティで使用されたと思われるボートや船やらを

ローカルの人々がいっせいに引き上げてる図↓

f0372344_10222000.jpg
このビーチ砂がキュッキュッて鳴るって言われてるらしいがそんなことは一切なかった。

でも海が本当に綺麗だし砂浜もきれい。ごみなし!

久々で海で泳いで周りはロシア人のみ(ほぼ)でアジア人は服を着て砂浜で遊んでるっていう図が

面白かった(笑)。

そして、安くてレベルの高さに驚いたタイマッサージ。

f0372344_10232099.jpg
私、口コミで必死に探した結果、大当たりだった2件。だいたいおしゃべりしながら、すごく強い圧の
マッサージが多かったり、清潔感なかったり、無駄にチップ請求してくる場所ばかりだったけど

ここ、本当に絶妙だし、静かで、ホスピタリティあるし、一時間1000円位だった。安い!
しかもお茶をだしてくれて寝むりそうだった(この後もう一軒違う場所に行ってしまった。)

今回は私たちがシンガポールでひいきにしている大好きなレストランがタイにもあったので、
ひたすらこっちへ。(なんのために来たんだ!って思うけど本当コスパがいいの、この店)

タイ料理は好きなので、家に戻ったあとに偶然やっていた在シンガポールタイ大使館主催の
「タイフェス」へ行ってタイ料理を満喫☆

f0372344_10253140.jpg
これはマンゴーと米?

f0372344_10254583.jpg
フードエリアに長蛇の列

f0372344_10255671.jpg
これ入り口

f0372344_10255138.jpg
何かわからないけど
f0372344_10252156.jpg
そして、定番パッタイ!うまい!

f0372344_10251549.jpg

友人推薦の濃厚タイミルクティ~

f0372344_12213664.jpg
これがすっごくはまって美味しかった!

ってことで、今回の旅で気が付いたのはリゾートはお金がかかるし、プーケットは交通機関が

整備されておらず(マフィアのせい?)、タクシー等が異常に高い!

っていうことでした。

なのでタイは広いので機会があるなら、今度は本土に行ってみたいなあ~


[PR]
# by attyann0505 | 2017-05-14 12:28 | 旅行(タイ) | Comments(0)

今日のお題は「働くin シンガポール」について。

私はついて早々、仕事探しをし始めた。友人に相談して、人材紹介会社へ登録、ネット検索等々色々やってみた。

日本人だらけだと今までの生活と変わらないし、かといって日本人ともかかわっておきたいとか、色々考え時期のせいもあったので

煮詰まった・・。

色々人に言われたのは「焦らなくてもいいよ~」という一言。

その理由はひとまず生活に慣れる→やることがなくなる→友達がいないことに気が付く→焦る→孤独 なのかなと今考えると思う。

でも、焦るのは任期が決まっているからこっちで出来るだけやれることをしたいっていうのが一番大きかったかもしれない。

人によっては、旦那さんの仕事の関係でついてきたが、会社から働いてはいけないというルールがあるところもあるらしい。

家は幸いというか、全然okで、知り合いの方もついて一ヶ月で働き始めたと言ってた。

日本人が多いこのシンガポールで、日系の会社を探すのは容易い、と思う。

でも私のビザはDepending passというもので、直訳すると、旦那に頼ってる、独立してないビザ

最初からビザがあると、案外すぐ働ける場合が多い。

一人で最初からビザの取得~ってなると話は違う。

話は、今働いているレストラン。

うちには3人のマレーシア人がおって、みんなwork permit(労働許可)というのがもらえている。

でも、話によると会社を辞めると3日以内にシンガポールを出て行かないといけないらしい。

以前シンガポール人の男子がいたけど、彼は本当人の話もろくに聞かず、人をおちょくってばかりいた。

でも憎めなかったけど、オーナーとは気が合わなくて辞めさせられたというか、いきなり来なくなった。


そして、新しいマレーシア人女子が来て2日でやめさせられた。理由は残業しているので残業代は出ないのか?と尋ねただけで・・らしい。

私はその場におらずせっかく女子が来たと喜んでいたのに、だ。

一番の古株のJ氏は、あと一週間足らずでいなくなる。

理由は、オーナーを尊敬できなくなったし、朝から夜まで働いて休日が一日で有給も取れないなんて

なんのための人生かわからない、と言っていた。

確かにその通りだ。

シンガポールで働く外国人の労働環境はよくはないと思う。

特に若い世代は大卒の資格必須であればいい職につけるし、なければ低賃金で過酷労働となる。

なので是非、彼には、シンガポールの労働の法律をもっとしっていい環境にいってほしいと思う。

頭が切れて、よく働き、馬鹿なことも沢山言うけど、仕事は早く、人付き合いが上手。

最初は英語が全く通じないと思っていたけど、ここ何か月かで驚くほど上手になった。

褒めるとよく伸びる性格も幸いしたのかな?(笑)

彼は何でも知っているし、よく手伝ってくれるので店にとっては必要不可欠な人材だけど

もっといい環境で、お金をがっぽり稼いで見返して欲しい♪


 





[PR]
# by attyann0505 | 2017-04-25 23:05 | 雑談 | Comments(0)