シングリッシュin シンガポール

シンガポール人の住まいを拝見

シンガポールも一応3つの季節があるらしくこの間こんなことを知り合いがぼやいてました。
「HOT(暑い), HOTTER( 少し暑い ), HOTTEST(超暑い)」

一番暑いと感じたのは5,6月、涼しいのは今から~12月。
それでも現在、外は夏三十度超えてますけど・・(日中)。

最近、生活が落ち着いてきたけれど、いつも生活サイクルが早くて面白い。
でも、少しマンネリしてきたので何かやりたいなあって思っておりました。
でも日本人の輪の中に入っても日本と一緒の生活になっちゃうな。。

あれだ!

と思い返したのはコミュニティセンターの存在。
これは公民館みたいなものでシンガポールにもどこにでもあるし、でかい。
まずは、会員になるため(ならなくてもいいけどなると割引がある)
5年間有効のPAカードというものを$12払って登録。
これ、SUICAみたいな機能もついて、
スーパーで提示するとポイントもつくので割といいかも。

さあ、何を学ぶかだけどこれが多国籍、多種類で迷う・・。
でもわざわざ遠くにいっても続かないと思い、
近くのセンターをネットで検索。

語学、音楽、工作、スポーツ、料理、手芸
ないものはないってくらい豊富。
実は以前一度SAP(スタンドアップパドル)を一日体験でやってきた。
英語やってみるか?うーん予定が合うのがない。中国語にしようか?
でも本当発音がわからな過ぎて辛い。

あ、初心者のHATAヨガやってみるか・・と思い立ったが吉日。
ローカルの友達にお誘いをかけ、
「面白そう!やろう!」と即返事。
三か月合計10回で$65(メンバーは$60)。
シンガポールで日本人経営のヨガスタジオはたくさんあれど高い!
そして、都心にしかないので面倒くさい!
そして家から自転車で10分もしない場所のWEST COAST CCという場所を選択。

f0372344_11171010.jpg
最近大改装したので中は綺麗で施設も充実。
バスケットコートもあるし、子供用のアスレチックも。
もっと早くくればよかった・・。
日曜の昼下がり、初めてなので受付で場所を聞くと
偶然先生がいらっしゃったので一緒に三階まで連れてってもらう。
「初めて?」
「はい」
「簡単だから楽しんで~オッケーら~」
と言われた。

先生といっても見た目は普通のおばちゃんだし、
服もポロシャツにスパッツ・・みたいな。
話していても物腰やわらかで先生とは思えない方でした。
しかし、この後レッスン始まると豹変したのです(笑)

勝手に入って、好きなところにマット敷いて、
時間になれば先生が話し出す。
初めてなので周りの人と自己紹介してみて~って言われ、
隣のインド人カップルと挨拶。
やはり二人も家でyou tubeでyogaやってるらしい。
2人ともスレンダーで姿勢がよい!私もこうなりたい(笑)

さあさあ、レッスンが始まり、あの温和な先生が大声出し始めた149.png
先生の英語がよくわからなくても、動きを見れば問題ない~。
っていうか、ヨガのクラスってこんな楽しかったっけ?

二人一組でやるヨガもあったりで初回にしてはまずまずでした。
しかも本格的なヨガウエアを着てる人一人もおらず。

一時間のレッスン終了で、友達とおさらば。

さあ、別の友達と今日会う約束はしていたのだけど何時にどこっていう約束は
取り付けてなかった私たち。
でもレッスン終わってすぐ近くに住んでる彼女に連絡。
「今ヨガ終わった~。家行っていい?」
10分後・・
「オッケー」
実は昨日会う約束していたんだけど、待ても暮らせど連絡来ず。
(実は昼寝をしていたらしい)

なので、今日いきなりおうち訪問。
以前からローカルのご自宅を拝見したかったんだけど
待ちに待ったこの日が162.png
ってことで、HDBとよばれる公団へ潜入~


f0372344_11122471.jpg
外観はほぼこんな感じで、いたるところにある。

シンガポール人の持ち家率は9割と高い。
その理由は政府がHDB購入者に補助をしている為。
家にもよるけど、一部屋あたり300万とか。
今現在ファミリータイプで2000万~3000万で購入できる。
しかし、
原則シンガポール人か永住権もった人のみ購入出来るとう条件があり、
外人は賃貸のみです。

f0372344_11123316.jpg


さあ、さあ、エレベーターで上がってみよう。

既に公共スペースのこの場所が私有化されてる(笑)
前の私の住んでいた社宅はこういうスペースには
一切ものを置いてはいけないという
厳しいルールがあったのだけど、
こういうところが緩いシンガポール。

f0372344_11122152.jpg

ここは、エントランスのドア。
何かに気が付きませんか?
そう、ドアの前に檻?なぜ?安全なのに?
以前南米に行った際によく見た光景だけどシンガポールで見るとは・・。
しかも鍵までつけていた。
今度覚えてたら聞いてみようっと。

f0372344_11124849.jpg

家具があまりなく、物がそこら辺にあってリラックスできる。
綺麗すぎると落ち着かないもんね。ハウスツアーをしてくれて
部屋は2DKで、広くはないけど効率的。

f0372344_11123868.jpg

本が好きなのか無数に本がある。中国語、英語で書かれた本だけど
親の本なのでよくわからないとのこと。

f0372344_11124388.jpg

なんとなく意味なく撮ってみた洗濯機。
この奥がユニットバス。洗濯物がいたるところにあるので写真はこれのみ。

f0372344_11123094.jpg
上の画像は
「シンガポール物干し竿」な風景

窓から竿を突き出して干すため、重くて、非常に危険。
ローカルの人々はこれが普通なので慣れてる。
風で洗濯物が吹っ飛ばないのか?といつも疑問。
そしてたまに洗濯物がしたに落ちていることもある。

KILLER LITTERという言葉も有名で
高い場所からのポイ捨てが問題になっている。
15階とかそんな高層階から
平気でポイポイ物をを下に捨てる人がいたり、
植木鉢が落ちたり・・。
それは犯罪の一種なので捕まります。
一番いいのはこういう下を歩かないこと。たまに忘れるけど。。

さあ、いかがでしたか?シンガポールと日本の住宅事情の違い。
実は恋愛事情もかなり違うこの国。
それはこのHDBも関わってくるらしいのですがそれは次回に・・。










[PR]



# by attyann0505 | 2017-10-05 23:05 | 雑談 | Comments(0)

インディアンジュエリー

さてさて、シンガポールのお盆が終わったようです。
ハングリーゴーストフェスティバルと呼ばれる中元節。

線香やろうそくと共にフルーツ、食べ物がおかれてる。
ついでに紙で出来た紙幣や日用品も燃やすのです。
紙幣を何故燃やすのか?
あの世で使ってもらう為、冥界用の紙幣だそうです。
さすがお金には敏感な中華人。
いたるところで(店の前、ホーカーセンターの中、どこでも)見る光景。
f0372344_23372128.jpg

話変わって、今朝外に出たら雨が降ってきて、傘を持っていたけれど
シンガポーリアンに見習ってあえて傘をさしていませんでした。
結構降っていたのにも関わらず・・(笑)

そしたら、私ぐらいの年代のシンガポーリアンが傘をさしながら中国語で
「入らない?」と言ってきてくれました。
そこから会話が始まって最寄り駅の駅までの短い時間だけだったけど、
シンガポーリアンのやさしさに触れてうれしかったです。

人に話しかけるのがこちらは、普通なので、慣れました。
私も人に普通に話しかけているので、逆にこっちが話しかけてビックリされたことは
シンガポールでは一度もない。

スーパーでよく「この賞味期限はいつか」とか、「made in どこだ?」
と店員でもないのによく聞いてくるし
道端でチャイナタウンあたりにいると、西洋人が多くて
結構な割合で
「このモールに行きたいんだけど・・」と聞いてくることがよくある。

人と会話するということが仕事よりも優先されているような感じなので
誰も会話を遮断しないし、仕事しなきゃ感がないのですごく緩い。
レジでも普通に会話を始めるから待たされてもイライラしなくなった。
でも、会話からいろいろなビジネスも生まれるんだよあ、と初心に帰って
考えると、この国は色々効率がいいような気もする。

話は変わって私はインディアンジュエリーが何故か,いつからか好きです。

デザインがフェミニンなものは苦手で、いつもごっついものが昔から好きだった。
日本は結構専門店があるんだけど、
シンガポールには興味がある人がいないからなのか
まったく見ることはなかった。

ところが、職場近くをぷらぷら歩いていたら
本当偶然インディアンジュエリーの店を発見してしまった!
そして置いてあるものがビンゴでかっこよくて、オーナーらしき
渋いおじさの虜になって早半年。

2万年前からアメリカ大陸で独自の文化を築いていた人々のことを、
今は尊称を含めて「ネイティブズ=ネイティブアメリカン」と
呼んでるらしい。

一言でネイティブアメリカンといっても、様々な部族がいて、
有名なのは、ホピ族、ナバホ族、ズニ族。
1800年半ば、16世紀にアメリカ大陸を侵略したスペイン人が、
インディアンに金属製の道具を与え、メキシコ人の銀職人がナバホ族に
銀細工の技法を伝授したのがインディアンジュエリーの始まりと言われています。

私も知らなかった!このブログを初めてからいろいろ下調べをするようになり
いい勉強になってます(笑)

話は戻って、シンガポールの唯一のお店だと思われる
インディアンジュエリー専門店は、
クラークキーという駅直結ショッピングモールにあり、
観光地だからから来るのは西洋人ばかりでした。

30分は店内を観察。そして、一目ぼれしたリングを発見。
おじさんにガラスケースから出してもらいはめてみる。

「うそ、ぴったり・・!」

私はあまり物を買わないほうだと思う。気に入ったデザイン、値段のものが
滅多に見つからないってこともあるけど、逆にみつかると即買いする。
埋め込まれている石、何族がつくったのかと
細かく聞いてからの購入。(相方から誕生日プレゼントです~、ありがとう!)

f0372344_23361066.jpg

ピンク→珊瑚 白→貝 ブルー→ターコイズ 紫→ラピス
これらの石&貝類は、私が全部好きなものだったので、
勝手に運命と紐付てみる。(笑)

リングは銀製品なのでおじさんが磨いてくれて言ってくれた、一言。
「あんた、ラッキーだよ。これを作った人の名前が裏に彫ってある」

後ろを見たら、確かに「E.LONG」って書いてある。
ハンドメイドって素晴らしい。遠くの誰かが作ってくれてここで売られて
私の手にあるって素敵~!
これからも大切にしていきます。

f0372344_23360060.jpg






[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-27 00:00 | 雑談 | Comments(0)

危険だよな~、これって。

おめでとうございます!
シンガポールに初!女性マレー系シンガポール人の大統領が誕生しました~
ハリマ・ヤコブさんという方です。

いやいや、これってめでたいのか?
前回の記事で中華系シンガポーリアンは70%を超えると書きましたが、昨年、リー・シュンロン首相主導で、
「過去五回の選挙で、大統領を出していない民族があった場合、次の大統領候補者はその民族出身とする」との憲法改正が行われた。
さらに民間から立候補の場合は株主資本5億シンガポールドル(約400億円)以上の企業の会長か最高経営責任者の経験者」
という条件が付けられ、結果唯一条件が合致したハリマさんが無投票当選。他の候補者は中華系ってところから落選だったらしい。
半世紀ぶりのマレー系大統領らしいが、これに中華系は反撥が勃発。
本当の平等を規するなら、民族は関係なく投票するのが普通じゃないの?と言ってるらしい。確かに。

ところで、仕事から帰る途中にいつもチャイナタウンを通るんだけど、思わず二度見してしまった光景が・・。

f0372344_13065250.jpg
これ外装を塗るために組み立てられたやつなんだろうけど、びっくりしたがこの材質。
何だと思いますか?

そう、「木材」なのです。
もっと至近距離で写真を撮りたかったけどさすがにお仕事の邪魔になるかと思い躊躇しました。
他にも写真を撮っていた方々もおりました。
しかも細いし、何回も使い回ししてるようでガタがきてる。

こんなんで大丈夫なのかなあと他人事ですが心配になりました。
ちなみに安月給、肉体労働、長時間で働く外国人労働者の仕事は保証がないのです。
バングラディッシュ、中国、ミャンマー、フィリピン、が主にこのような過酷な環境で、
清掃員、家政婦、ビルの建設現場にて働いているのをよく目にします。
そして、住宅が異様に高いので、水、電気もない部屋に数十人で押し込まれて郊外に住んでいます。

最初は安全で綺麗な国だとばかり思っていたけれど住んでみなければ見えない部分が沢山あります。

f0372344_13210838.jpg

こういうトラックの荷台に数十人で乗ってる肉体労働者が沢山います。
複雑な思いでした。

平日のある日、いつも私の住んでる住居内の修理をしていたおじさんの事を思い出した。
こんな私に満面の笑みで「モーニング」といつも声をかけてくれるバングラディッシュ人のおじさん。
私はこのおじさんと深い話はしなくても癒されていつも元気が出ます。

色々違うことがありすぎて深く考えてしまうけれど、一言のこの挨拶で一気にふっとんでしまうおじさんの笑顔にやられた。
おじさん最高!と締めくくるのはあまりにも・・だけれど今回はこの辺で。





[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-16 13:31 | 雑談 | Comments(0)

ラサール芸術大学の演劇を見てきた結果・・

いつもお世話になっている友達から
「”one”っていう演劇のチケットあるから見に行かない?」とお誘いがあったので仕事終わりに行ってきた。
以前もいくつか同じ場所での演劇を見に行ったんだけど、英語がわからず楽しめなかったんだけど(笑)
今回はすっごく楽しめたので、一言書こうかと思います。

場所はブギス駅近くのラサール芸術大学。
ここは世界中から学生が集まっているデザイン、ファッション、ダンス、演劇を学べる総合大学らしい。
※画像はお借りしました。
f0372344_11474628.jpg
見ての通りシンガポールによくある変わった建物。このなかの一部のスペースで劇を見た。
f0372344_11474004.jpg
ONEっていうタイトルの演劇。
内容は、中華系、マレー系、インド系、あとその他の様々な人種が集まった人種のるつぼなシンガポールで
毎年盛大に行われる独立記念日のパレードを舞台に起こる人種のお話し。
シンガポール人でありながら差別もあり、アイデンティティーとは何かを考えさせられる的な・・。

シンガポールの国の色は「赤」みたいです。先日のシンガポール独立記念日も赤の服を着た方々が沢山いたし、ミニ国旗を持ってる人を沢山みた。
日本だと「青」ですかね?

そもそも、シンガポール人ってなんだろう?てよく不思議になる。
中華系74%、マレー系13%、インド系9%、その他、シンガポールにいる3割は外国人らしい。
日本人は今年2月現在で7000人以上在住。どうりで日系のお店が多いわけだ(笑)。

さ、話は戻って同じシンガポール人でありながら人種が違うと共有できないことが多いらしく、
インド系の奥様が自分が作ったお菓子をパレードを見ている周りの人に配るとこからお話は始まった。
インド系の人は、喜んで食べる。中華系はもらったはいいが怪訝な顔つき。マレー系は最初は怪訝だが、食べたらハッピーな顔。外国人はとりあえず礼を言って食べる。
そして、あるインド系シンガポール人と中華系シンガポール人が出身大学についての話が始まる。

イギリスの教育専門誌Times higher educationによると、1位~21位は全て、アメリカ&イギリスの大学で占められて、1位はあの「オックスフォード大学」
アジアが入ってない?やっとアジアで最初のシンガポール大学(NUS)が!
これ、別に自慢したいわけじゃなく、どれだけ西洋が上位なんだ!と愕然としたのです。
そして、話は演劇に戻り、どこの大学を出たか自慢が始まりインド系シンガポール人は、もちろんNUSと鼻高々。
周りの人が「やっぱり、NUS!」となっているところに、中華系シンガポール人はシンガポールのビジネス経営大学SMU。
私にとってはこちらもものすごい優秀な人が行く大学と認識してたけど、劇中では「ふんっ、SMUね・・大したことないじゃん」てきな会話。
そこからケンカが始まるのです。

そういう自慢の話がシンガポールではよくある話。
友達から聞いたところ、シンガポールは面積が東京23区と同じ=シンガポール内の大学は倍率高し=レベル高い=就職に最も有利。
しかし、やはり入るのが難しいので手短にオーストラリアの大学に入る人もいるとか。
でも残念ながらシンガポールでは、学歴社会のこの国ではオーストラリアの大学は下のレベルになってしまうそうな。とほほ。

そして話はさらに戻り、今度はインド系なのに母国語のタミル語が話せない人、中華系なのにほぼ、英語のみの教育で育ってきたという若い世代のシンガポール人が登場。
英語さえ話せれば問題ないわ。とか言ってたけど私と同じ世代のインド系シンガポール人のおっさんがこう言います。
「英語はビジネス、お金をかせぐためのツール。母国語はアイデンティティを呼び起こすためのもの。母国語を話せなかったら自分のルーツはどこにあるんだ!」
ともっともな事を言っていた。

そしてこの国の差別についても焦点を当てている。
あるバングラディッシュ人がこのパレードを見に来た。中華系の若い女性とちょっとしたことで口論。
B人(バングラッシュ人)「僕はこの国に16年も住んでる。シンガポール人の国籍ではないが永住権は持ってるし、この国が大好きだ。」
S人(シンガポール人)「でもあなたは所詮バングラ(差別用語)出身でしょ?所詮シンガポール人にはなれないわ」
B人          「そんなの関係ないよ。シンガポール人よりシンガポールを知ってる」
S人          「じゃあこのシングリッシュは?これは?」

と、どうでもいいケンカが続くのだけどシンガポール人と永住権をもった外国人の間では結構よくある話だそうで。

この話から「キアス」という単語がよく出てきた。
キアス?
シングリッシュで、「損をしたくない」「何事も一番でいたい」という意味。
ある意味ポジティブなマインドがシンガポール気質にあるのでこの小さい国で独立後ここまで成長したのだと思います。

シンガポールでのキアスあるある

その① 「行列」 日本だとそのお店のを食べたいから、とか単純だと思うし、実際嫌ならあきらめる精神があると思う。けどこの国は違って「行列や長いウェイティングリストを目にすると、「その行列に並ばなければ、皆がほしがるようなものを自分だけ手に入れ損ねる」と競争心が煽られるのだとか。結果、ある店の列だけがどんどん長くなって周りの店から人が消え失せるなんて現象が、ランチ時などに日常的に見られるとか。

その② 「buy get free」 「○個買えば○個おまけでついてくる」というよくある販促で、これ自体はどこの国にもあるもの。。しかしシンガポールでは数が違う。

「ただでおまけがついてくる」以外にもシンガポーリアンのキアスが刺激されるのは「特売品」です。すごく安い商品が特売で出ると、必要もないのに大量に買い込んだりする。

その③ 「値段を聞く」  よく、それどこで買った?いくら?と素直に聞かれることが多い。給料をお互いに教え合うのは最初はなれなかったけど、今はどうでもよくなった。ただの好奇心ではなく、更に安いものをゲットする精神、その差額から「得した感=価値」という構図が出来るのか?

その③ 「無料の物は恥じらいなくもらう」  遠慮がないのである意味度を越さなければスガスガしいのだけど、うちの店で出す無料のゆで卵、前菜も何回も御代わりを要求してくるのはたいていシンガポーリアン。日本人には要求されたことが無い。

とキアスについて書きましたがシンガポーリアンの持つ「他人に負けたくない」という強烈な競争心の背景には、日本とは比べ物にならないほど苛烈な競争社会があるようで、シンガポールは超がつくほどの能力主義の国。小学校では、成績別にクラス分けがされ、(ストリーミングと呼ばれる)

卒業試験の結果で、エリートになるかガードマンになるかが決まると言われるほど。赤ちゃんの頃から英才教育をされるのはいたって普通。

シンガポールで生まれた子供は日本人よりもはるかに競争社会にあり、そういう国家政策がこういうシンガポール人を作り上げていると思ったら不思議ではないのでした。

殴り合いのケンカになったこの演劇だったけど結局最後は各々がアイデンティティーとは何か?を模索する結果で終わりました。

シンガポールを更に知れたいい演劇だったなあ。無料だったし(笑)。

でも、お年寄り、障害者には率先して席を譲る精神が根付いていると思ったこの国、敬老の日はありません。

世界的にみても祝日として制定されているのは日本のみ。

重陽節といって年配者を敬う日はあるらしい。

不思議なのが、電車でなぜそんなにも率先して席を譲るのかいろんな話を聞いた結果わかりました!

席を譲ってアピールが年配者&子連れ家族が凄い。子供が年配者より率先して席に座る。

もし譲らない若者がいたらそっこう携帯カメラで写真を撮られ、facebookで祭り上げられ、犯人扱いされる(らしい・・)

あるいみはっきりな主張?でこれを聞いたとき、まったく日本と違うんだな~って思った。

話は長くなってしまったのでシンガポールにいて思ったその他の疑問を

今度シンガポール人にぶつけてその結果の回答を書こうかと思っております(気が向いたら)





[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-16 12:47 | 雑談 | Comments(0)

誕生日が近い人だけの特権

実は私、この間誕生日だったのですが、ありがとうございます。(笑)

誕生日が一週間違いの仲のよいローカルの友達がご近所にいて、以前から一緒にお祝いしよう!と言っていた。
ふと「白子ポン酢が食べたい」と連呼するようになり、じゃあ去年の今頃食べた日本の本格的な居酒屋へ行こうか?
と言っていた。

そのお店に連絡するも、「白子ですか~一週間前は入ったんですけど痩せててやっぱ今は旬じゃないので。12月ですね」
と言われてしまい、友達に伝えると「じゃあ以前私が言ってたリーズナブルなフランス料理に行こう!」となった。

フランス料理=高い=マナー知らない=恥をかく

と図式が出来上がっていたけど、なんてことない、フランス料理だけれどレストランというよりも行ったのはビストロ
小レストラン、食堂です。

家からバスで30分ぐらいシンガポール植物園近くのなんてことないモールにありました。

f0372344_21451554.jpg
本当にカジュアルで気取ってないこじんまりしたお店。
でも激混みだった!外にも席があって、私達は外へ。(中はお客様でいっぱい)
クーラーが効いておらず暑い・・。仕方ない。

7時に待ち合わせしたのにバスの遅延で友達が先に待っていてくれた!
この友達、先週日本から来た友人を案内してくれた心強い友。
「はい、これ!」と差し出されたのが、

f0372344_21485156.jpg
さてなんでしょう?
そうです。
ヨガマット~~~~~~~~~~~~

毎朝you tube見て、ヨガっぽいやつ&ストレッチをしている。それを彼女に話したのを彼女は覚えていてくれた。
しかもマットを買わず、バスタオルを敷いてやっていたことも・・(笑)
安いんだろうけど、敢えてのバスタオル。形から入るとすぐやめてしまうかなとも思っていたので。(ひねくれてるなあ・・私)
でも欲しいとはずっと思っていたので本当に嬉しかったです。

私が彼女にプレゼントしたのは、こちら

f0372344_21531757.jpg
藍染めタオルマフラー。

私も同様の物を持っていて以前彼女と会った時に首から下げていたら、
「すごい素敵!」と大絶賛してくれたので、日本の個人でやっているお店で手作りのものを購入したくて個人的に実家へ送ってもらいました。

そのお店→ 藍楽布(あいらいふ) http://ailife-kanazawa.blogspot.sg/

石川県金沢市にあるお店で、どこかないかと二日位まじでググって探したお店です。お店の対応がすごく真摯なので沢山写真を送っていただき、これに決めました。

藍染めというのは一点一点違う模様で、個性があります。
それに藍というのは蚊よけにもなります。
色もすごく綺麗で私は大好きです。
何点は他の洗濯物と一緒に洗濯すると色移りするということで、
手洗いのみです。
それでも日本固有の色で好きなのです。
最近は日本でも藍から育てているところもあるそうで、今後が楽しみです。

あ、話はそれましたが、相方も後から来るので、先に料理を頼もう!と頼んだのがこちら。

ツナのステーキ
f0372344_21454981.jpg
鴨のコンフィ
f0372344_21454697.jpg

ビーフステーキ(ミディアムレア)
f0372344_21595693.jpg
他、赤ワインとクレームブリュレ。(大好き)

一番美味しかったのは鴨。パリパリで中は柔らかい。そして味が美味しかった。
ツナはいまいち。

このお店大人気の理由は・・・
①シェフの仕事っぷりが男前。
②水が無料(シンガポールは有料が多い)
③サービス料、税金なし(これも珍しい)
④一品一品がリーズナブルなのに手を抜いていない。

以上私の見解。
注文してないもの間違えてもってきたりするのが数回あったのでそこはご愛嬌。
でもこんな辺鄙なところにあるのにあれだけ大盛況っていうのはびっくりした。
このお店、友達が通っていた高校がすぐそばにあるので、よく家族で来ていたらしい。なのでこんな場所でもしってるとの事でした。

ありがたや~ ケーキは食べなかったけどお互いにお祝い出来てよかったです。
だいぶ歳下の彼女は、今年25歳!おめでとう!




[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-11 22:06 | 雑談 | Comments(0)

月餅と出産・・

「月餅作ったので食べてくれませんか~?」と友達のMさんからのメールが来たのが二週間前。

そもそも月餅とは? 
中国の菓子の一種で月に見立てた丸く平たい形は一緒だけど国、地方によってばらつきがある。by ウキペディア

f0372344_21065023.jpg

よく中華街で売られてる、これです。

ちなみにシンガポールやマレーシアではスタバでさえも月餅を売ってるっていう・・
f0372344_21075133.jpg

確かに柄がスタバだ・・・(笑)でも高いような。

紅茶で有名なTWGでさえもこんなんです。

f0372344_21122918.jpg
なぜこんなに売られてるかっていうと、
中秋節だから。
中秋節とは・・季節のお祝いで、日本でいう中秋の名月みたいなもの。でもこっちはいたるところに
月餅(ムーンケーキ)を見ることが出来ます。そして日本で見る茶色以外にもドリアン味、あんこがチョコだったり
多岐にわたります。

そして中華街もこれをお祝いしてデコレーションしています。

f0372344_21122744.jpg
f0372344_21122226.jpg
中華街は今カラフルになっていて、2月の旧正月もこんな感じです。

ってことで、なぜ月餅を友達が作ったかというと、
去年作れず→今年こそはとローカルの友人に教えてもらった→私が月餅好きなのを知っている→頂けた

という流れ。

彼女の器用さにはほんとあっぱれ。そして実は彼女、つい最近赤ん坊が生まれたのです!
でも、シンガポールは無痛分娩の為、予定日が9月だったのだけど陣痛が一週間早く来てしまった。

「月餅作りました~食べます?持ってきますよ」と言って頂いてたのに、その日に陣痛が来てしまい
「これこれしかじかで・・次回に・・」とメールが来た。
というか月餅より出産の事だけ考えて!と真剣に考えていたのだけれど、
出産直後にも「本当すみません・・。」とお詫びのメールが。
というかどんだけタフなんだと、逆にすごいなあと感心したのだった。自分のことより月餅(笑)??

そんなこんなで、落ち着いたら見に行かせてねっていって二週間後に即お誘いメールが来た!
以前から出産祝いを購入していく準備は出来ていたので、日曜の昼過ぎに行ってまいりました。

そしたらなんと、会って一言めが「月餅冷凍してあるので持って帰って下さい~!」と・・(笑)
なんて月餅思いのMさんなんだと笑ってしまった。

まずは赤ちゃんおめでとう!とようやく言えましたが、なかなか月餅話から進まなかった(笑)
ちょうどミルクタイムでむっちりした赤ちゃんというよりスリム?

f0372344_21212536.jpg
げっぷを出そうと旦那様のKさんが頑張っておられるのですが、赤ちゃんの表情が絶妙で笑ってしまった・・126.png

本当に小さくていきなり変な動きするので可愛くて、その後も色々話していたんだけど、会話に集中できず・・。

そしてまた月餅の話に戻ってその場でも頂きました。それがこれ↓

f0372344_20581148.jpg
中はあんこにかぼちゃの種が入ってるのがあって、歯ごたえよし、味よし、触感よし。ベイクドタイプとはまた
違ってしっとりしていておいしかった!珈琲と合う!

実は、フルーツ一皿(大きいやつ)も全て食べてしまって(美味しくて)私、昔からこの癖抜けず・・。
人のうちに行くと全てお菓子等を食べきって帰るっていう・・。
でもMさんは優しくて、「逆に沢山食べるのをみると嬉しい」とまで言って下さった。(涙)
だから私は調子にのってしまうという・・。

そしてMさんと赤ちゃん。

f0372344_21252060.jpg
小さいからまだ鳴き声はか細いけど、すぐ大きくなるんだろうな~。
Mさんは、結構余裕な感じで、旦那さんのKさんも板についてました。
病院は2日で退院、産後ヘルパーさんがシンガポールは普通に雇うらしく、慣れないお母さんのために
あれこれ世話をしてくれるそうです。
これは助かる!しかも住み込みで、料理も作ってくれて、日本語も話せる。
日本でもこれを是非取り入れたら産みやすくなるのになあとつくづく思う。
こっちで出産する人多いみたいです。

そもそも彼女とは歳が近く、最初会った印象はすっごくしっかりしている人だったんだけど、話やすくて
話をよく聞いてくれて感覚が割と他の人より会うなあという感じでした。
お互いにバリアをあまりはらず、彼女はローカルに対してもフラットで、見ていていいなあと思う、そんな人。

そしてかなり赤ちゃんに見とれてあっというまに3時間、夕飯前には帰宅しようとそろそろ帰ろうかなー
って言ったら、「これ持って帰ってください!」とまたまた月餅&フルーツのお土産が。
私がお邪魔したのに、申し訳ないと思いつつ、素直に頂きました113.png

f0372344_21313591.jpg
これ作るって芸術じゃないですか?男だったら惚れてたな・・。









[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-11 21:33 | お出かけ | Comments(0)

誕生日 at 職場

実は今年は私の誕生日はシンガポールの祝日。
以前から私は、仕事を休む宣言をしていたのだけど、前日にもシェフの二人に明日は来ないのかとしつこく聞かれた。
誰かの誕生日を祝うのが定番になってきたので今回もその予定だっただろうけど、すみません。行けません。

しかし、その前日、お客さんがランチ以降もなかなか帰らず、私がお客さんの応対をしていると、いきなり
スーパーの袋を渡され「はい!ハッピーバースデー」と渡された。
いやいや、このタイミング!?

でも対応が終わって袋を開けると、私の大好きなチョコが!(種類はどうでもいいけど、チョコレートが大好き)
しかもいつもスーパーで見ていたやつで、大きいし、種類が沢山ある。

「高かったでしょ。ありがとうね!」というとニンマリ顔のA君。
その後、B君もどこかへいそいそ出かけて行きスーパーの袋を差し出してくる。
中にはポテトチップスが・・! なんか嬉しいね。
2人なりに色々考えてくれて、(朝から晩まで働くので大変)少し料理を作ってくれて、私の誕生日を祝ってくれた。

若い二人だけど、良く働き、少しシャイで、色々気を使ってくれる心が優しい二人に感謝です!
この後お決まりの写真を撮ったのはいいけど・・

f0372344_22545560.jpg
リーゼントになってみた(笑)

f0372344_22545985.jpg
もらったプレゼントと共に・・。

ありがとう!そして素敵なメッセージくれた皆様、ありがとうございます!


[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-05 23:04 | 行事 | Comments(0)

よく来て下さった!~日本から前の会社の同期&先輩がシンガポールへ~

今回日本からのお客様はKさん&Nさん。二人は前の会社の同期&先輩。
一応希望行き先をリストアップしてもらっていたので、それに沿って今回は行動。

①プラカナン美術館
②某日系企業のお店
③ガーデンベイサンズ
④マレーシアのジョホール
⑤ラッフルズホテル
⑥リトルインディア
⑦チャイナタウン
⑧サルタンモスク
⑨Kさんのお知り合いの方が演奏するバー&レストラン
⑩カトンエリア

初日はSIMが上手く起動しなかったり、初めて3人での旅行なので戸惑ったり、蒸し暑かったり、色々あったけどなんとなかった。
もう一人の同期oさんは来られなかったので代理の豚ちゃんを代行。(以下の写真はkさんよりお借りしました)
彼らが泊まったのはオーチャードエリアのシンガポール博物館のすぐ隣。立地よし。
f0372344_22175509.jpg
マーライオンはシンガポールに5個あるらしい。もっとも有名なやつがこちら。

f0372344_22192968.jpg
お決まり。そして豚ちゃん&マーライオンのコラボwith Nさん。

f0372344_22192621.jpg
中華街にあるスリ・マリアマン寺院。シンガポール最古。ヒンドゥー教。靴を脱いで入る。

f0372344_22174811.jpg
アラブストリートにあるマスジット・スルタンモスク。シンガポール最大。イスラム教。

f0372344_22284894.jpg
Kさんの同じ会社のお知り合いのセクシー部長。ギターがかっこよかった!
お昼にうちのお店に食べにも来てくれた。
f0372344_22104318.jpg

レストランエリアのお客様にもサービスで回りながら演奏するセクシー様♡
f0372344_22180955.jpg
マレーシアのジョホール(通称JB)へ。ここは、あのサッカーで日本代表が初めてW杯出場を決めた
「ジョホールの歓喜」のランキンスタジアム。今年であれから10年ってことで12月には
当時のメンバーで試合が行われる。パネルも設置してあったが、中には入れなかった(日本から来たっていって
ねごったのに・・) そして大雨。

f0372344_22200420.jpg
f0372344_22181346.jpg
f0372344_22203208.jpg
Nさんが来たかったジョホール最大のアブ・バカールモスク。改装中。。

f0372344_22180086.jpg

ジョホール案内はタクシーぼったくられるのがいやだったので、シンガポール人の友人にも同行してもらった。
彼女が来てくれて本当助かった!

f0372344_22231277.jpg

最後の日、Nさんが大絶賛していたスイカジュースを少し飲ませてもらった。確かに旨かった!
そして、買い物がしたいという彼らの願いをかなえる為、ムスタファセンター(24時間営業の無いものは無いショッピングセンター)で買い物したあと、中華街へ戻っての亀発見!

f0372344_22102617.jpg
10数年まえには気が付かなかったお互いの事をもっとわかって、結果楽しい旅になったかな。
Kさんは、心配性だけど度胸があって、Nさんも度胸があって、怖いもの知らず。
私はNさんの話が長引くとすぐスルーしてしまうのでちょっと冷たかったかなと思ったけど(笑)
最後お別れの2時間前ぐらいにお互いの話を沢山して前よりも仲良くなれた気がする。(私だけ?)

シンガポールの歴史は52年だけど、独立するまでの歴史は長いし日本との歴史も色々あるので
それをもっと知ってほしかったかなとは思った。
私と彼らの興味の対象は違うってことを本当感じたので、事前にリストアップしてもらってよかったです。

次回は3年後ドイツに旅する予定のKさん、次は何処へNさん、今後ともよろしくお願いしますね!






[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-05 22:49 | お出かけ | Comments(2)

飲食業界関係勤務の人に必要な講座を受けに行ってきた。

今のレストランに勤めてマンネリしていた今日この頃・・

突然オーナーから、「飲食業界に勤めてる人が受ける講座があるんだけどいってみない?」と言われた。

シェフの二人は既に受けた模様・・。私は受けなくてはいけないの?と思いつつ聞いてみた。

オーナー「どちらでもいいよ、あなた次第。」
私「でもさ、それってシンガポールの法律で受けないといけないやつ?」
オーナー「ある意味ね。受けてテストに受かると五年間その資格が有効なんだよ。」
私「・・(何の役に立つんだろう。)内容は?」
オーナー「食に関する衛生、管理とかかな。超簡単だからさ~」

といった軽いのりで受けることになった。
受けるのに$160もかかる。でももちろんお店持ち。
英語で受けるので久々に英語脳が鍛えられるかなと軽い気持ちだったが、後で後悔することになるとはこの時はわからなかった・・。

講座は中国語、英語から選択。突然二日後に予約取れたから~行ってね!って言われたけど、
朝9時~夕方5時半まで。昼休憩一時間。
ん?みっちりじゃないか(泣)

当日朝、2時間前に家を出発。
もちろん混んでる。持ち物はノート&ID&ペン&弁当&水筒。
会場に着く前少し迷うが無事到着。15分前についていないと受けられないという通達があったので、無事20分前に到着。が、3人しかいない。
15人ぐらいくるはずなのに・・。
現金で講座料を払いこじんまりとした席へ着く。国籍、性別、年齢ほぼバラバラッぽい。
隣はシンガポール人の若い男性。前はおばちゃん二人。さっそく話かけてくる(笑)
※画像は参考
f0372344_21471348.jpg
9時始まりだけどもちろん始まらず先生が外でおしゃべりしていて始まったのは10分過ぎてから。
おじさんとおじいさんの真ん中位のびしっとした感じの先生で、頭が良さそうな話かた。
今日どういうことをやるか、どういう試験をやるか最初に説明してくれる。
要は、衛生法についてをみっちりやるってことみたい。

テキストブック(100ページぐらいある)を配布してくれて、さっそくホワイトボード、プロジェクターを使って映像みながら進んで行く。
が、私は気が付いた。専門用語結構出てきて、先生の英語は綺麗なほうだと思うけど、
難しい・・
やばい。。でも隣の人が「今、ここを読んでるよ」とか少し教えてくれた。
今日の終わりに口頭で何個か皆の前で一人ずつ質問されるテストがあって、筆記もあって、実際学んだことを行うシュミレーションテストがある。
真剣に臨みだす。

分からない言葉は即座にgoogle翻訳。全然言葉が難しい・・。頭がつかれる。のどが渇く。
とりあえず先生がこれはテストに出るといったことは、メモる。(でも言ってくれるのはありがたい)

途中先生の経歴を話してくれた。
ずっとホテル関係で働いて海外勤務が長かったらしい。ワインに詳しく、一流のホテルで働いて現在の職種らしい。
どうりで言葉が丁寧だし、誰に対しても(若者とか)すごく丁寧。こんな方、あまりシンガポールでみたことないので新鮮!
私に対してもなぜか名前を憶えてくれて「○○san」と日本人と気が付いたのか、さんづけでそのあと私だけ名前を呼ばれる(笑)

最初は眠かったけどどんどん目が覚めていった。
衛生というと当たり前のことばかりで、例えば
●冷凍、冷蔵、常温、調理済み料理の保管温度
●ごみの処理はいつまでにするか?
●調理済みの料理は何度以上で温めて何日以内で食すか?
●肉のスライサーは肉の種類によって分ける(宗教の違いで豚が食べられないとかあるので)

シンガポールらしい衛生法があるんだなあと色々わかった。
こちらは食べきれなかった料理を持ちかえるのが普通なため、後は消費者の管理に任せられる。でもその前にやるべきことはやりましょうって事らしい。

さ、勉強ばかりで頭がつかれてきたところで、昼休憩。私は弁当を持ってきたので外で食べる。
少し頭を冷やそうかと思ったけどテストに合格しなければ来た意味がない・・ってことで、復習。でも頭にあまり入らず。
珈琲を飲んで少し落ち着く。

みんな理解しているのかな?そうだよな、母国語だもんな~とおもいつつふと疑問が・・。
あれ?シンガポールの人って英語より中国語が得意なのかなって思っていたけど半々らしい。
英語で話していたかと思うと、いきなり中国語になったりするから頭の切り替えはすごいけど。

部屋に戻ると誰もおらず。ぎりぎりで戻ったのに(笑)
10分しても戻ってこない生徒もいて、ゆるく午後開始。

しばらく先生が話したあとに二人一組で今まで勉強したことをシュミレーションテスト。
エプロンつけて、髪用のネット帽子かぶり、手袋つけて、レタス切って、コンテナにいれて、冷蔵庫にいれる。
これが楽だと思ったら、先生がいちいち「違う!これは、こうでしょ!」とスパルタ先生にチェンジ133.png
※画像は参考

f0372344_21473012.jpg
こ、こわい!しかも、映像で一人ひとり撮られてる。でも、皆同じレベルでひとまずクリア。

この後、休憩がはいったので無料の珈琲をもらいにいく。
おばちゃんに「頭がついていかないんですけど・・」というと、
「あんたの方が若いんだから!」ってびしっと言われた。いや、それよりも英語が・・

そして恐怖の筆記テスト。これが全くといっていいほどできなかった。焦って時間が気になって、質問がわからず、先生に
「この質問の意味が不明です」と何回も聞く。
となりの男性はするする解いていく・・。おばちゃんに少し隠れて聞く。おばちゃんも分からず・・ちーん・・
出来た人から提出。
先生はどんどんスパルタになっていき、私がなんとか提出すると(最後に)全員の前で一人一人の●付け開始。
名前を呼び、溜息をつき、「は~・・、3個も間違えてるじゃないか!やり直し!」と叫び
私は、え、「2個しか間違えちゃいけないんだっけ?」と最初に言われたことを思い出す。

私の番になって「○○さん、ちょっと後で一緒にやり直しましょう。は~・・。」と一番深いため息。
他のインド系のお姉さんも同じだった。

そして筆記で合格点とった方々はみんなの前で口頭で口頭テスト。先生が次々に質問して、優秀な方々はどんどん回答。
私は唖然・・146.png146.png146.png

とりあえず何回も同じような質問なので最後に残った私は質問の内容を覚えているのである意味楽勝だった。
しかし筆記テストが合格点にたらず、先生が「○○さんは理解はしてるから大丈夫」と言われてなぜか合格になった。
でもスパルタだったけど、すごくわかりやすい授業で、この先生の熱心さが嬉しかったし私を見放さないでくれたのが良かった151.png151.png

今回思ったのは、語学学校で勉強していた時期を思いだしてある意味英語の勉強みたいで楽しかったと単純に思ったこと。
日本人一人という環境が凄く楽しかったし、モチベーションが上がった。
やはり勉強は楽しい。誰かとやると非常に楽しい。

結果行ってよかった。ぶつぶつ言う前に、何事もやってみたら結果良しだと、思った今日でした。







[PR]



# by attyann0505 | 2017-09-05 21:50 | 仕事 | Comments(0)

相方の友達が遊びに来てくれた~

学生時代の相方の友達が日本からこちらへ遊びに来てくれました。
2人は「The 適当」なので行き当たりばったりな旅が多い。

今回私は仕事終わりに相方の代理で空港へお迎えにまいりました。
しかし、気がつけば空港はWifi使うのにパスワードが必要で、彼の友達はwifiだけでやるって言ってた記憶があるので連絡とれず。
意外とすんなりいかないことに気が付いた。
しかも、迎えに行く、とだけ言って、待ち合わせ場所は特に決めていなかった。

しかしなんとかなるもので、うちらの結婚式に来てもらって一度しかお会いしてないのに一目みて「あ~!」とすぐわかった。恐ろしい・・(笑)

相方より年下なのに彼が全然こちらに緊張してなく敬語じゃないのがすごくこちらもリラックスできたので楽だった。

両替もSIMカードも全て準備が終わった!とのことで、旅慣れしてるらしい。
じゃあGRAB(タクシーアプリ)でタクシー呼ぶからまっとって・・そして5分後に乗車。
Grab shareといういわゆる相乗りのちょっと料金が安いのを選択して別の方も乗車。

外は雨。よくある事なので特に気にせずだけど雷の音が凄い!!稲妻も目に見える。

相方の友達I君の泊まるホテルにまずチェックインしに行くが、意外とビジネスライクな感じでフロントのじいさんは、親しみやすい人だった。
中を少し見せてもらって物価の高いシンガポールでこれは、なかなかお手頃!と思う。

相方はちなみにまだ仕事が終わらないとのことで、結局チャイナタウンで合流。

夜8時半ぐらいを過ぎての夕ご飯。相方&友達チョイスで、ローカルフードがずらり。
ここは観光客用なんだけどまあまあ、屋台だし雰囲気いいし、ビール飲めるしお手ごろ感満載。

ちなみに相方の友人はお盆休み9連休中で、今は後半らしい。いいなあ。そんな固定連休ないし・・ちっ(笑)

相方の友達なので、私は今日だけお付き合い。明日はマレーシア、次の日はセントーサ&ナイトサファリ、日曜はインドネシア島のビンタン島へ行くそうな。
実は初めて一人で旅行するらしく、適当なので色々考える私よりは行き当たりばったりで行けるんだろうな~。。

もしシンガポール来る際は、こういう適当な旅もいいかもしれませんよ^皆様。
マレーシアは物価がシンガポールの三分の一なのでお買いものにもおすすめ。

では来週は私の前の会社の人たちが来るので英気を養うため今日は休業~


[PR]



# by attyann0505 | 2017-08-20 14:31 | 雑談 | Comments(0)

2016年8月お盆にシンガポールへ旦那さんの転勤でお引越し。節約、水泳、食べるの大好きな私がやりたいことどれだけ達成できるかの滞在日記☆
by attyann0505
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

人によって、行きたい場所..
by attyann0505 at 11:21
もう少し余裕があれば歴史..
by わたくしが、Kさんざます。 at 19:05
歴史は知ってて損はないか..
by attyann0505 at 18:29
ありがとう。 そういう..
by かめやま at 17:27
とれないよね。不可能に近..
by attyann0505 at 18:51
ミスチル残念だったね。又..
by attyann0505 at 16:47
ありがと~年取ったって感..
by attyann0505 at 19:16
人が本当色々いるから、た..
by attyann0505 at 11:04
ありがちょー適度にがんば..
by attyann0505 at 00:05

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ブログジャンル